誰にも相談できないEDの悩み

千年も昔から、帳の中のことは誰にも言えないことと相場が決まっています。
誰にも言えない秘密のことだからこそ、双方燃え上がってしまうこともあるのではないでしょうか。
ところが、そんな艶めいた悩みなら良いのですが、EDの悩みの場合はそうは言っていられません。
自分だけで悩んでいたら、煮詰まりまくりどうしようもなくなるだけです。
自分には解決するだけの知識がないのですから、EDで悩むとしたら恥ずかしくても専門家に相談するしかないでしょう。
EDの原因は一つではありません。
ストレスなどの心因性のきっかけが原因になっていることもあれば、生活習慣病など病気がきっかけとなっていることもあります。
だいたい、精力が落ちてくるの40代も半ば頃だといいますが、病状をハッキリ認識するようになるのは50代、60代になってからです。
ところが、20代や30代でEDの症状になってしまう方もいます。
20代や30代でEDになってしまうのは、ストレスなど精神的なきっかけがある場合が多いようです。
毎日、毎日、仕事で追いまくられて、他のことを考えられなくなっていれば、精力が減退したとしても無理もないことでしょう。
そのような場合は不安を解消することがまず先決です。
また、何気ない女性の一言がトラウマになってしまっているケースもあります。
男性は意外とデリケートな方が多く、ちょっと調子が悪かった時に女性に言われた一言で、女性を前にすると勃たなくなってしまったという方もいるのです。
そのようなケースでは、ED治療薬がもっともおすすめの解決策となります。
2005年に、ED治療薬のバイアグラが日本でも認可されたことにより、日本でもEDの治療にはED治療薬を活用することが一般的になりました。
バイアグラの成功により、それに続くレビトラなどが開発されました。
バイアグラやレビトラは先発医薬薬といわれるものですが、すでに後発医薬品が販売されていることをご存知でしょうか。
いわゆるジェネリック医薬品です。
いろいろな後発医薬品が開発されていますが、そのなかで人気なのがレビトラのジェネリックであるバリフでしょう。
バルデナフィル塩酸塩水和物というものがレビトラの主な成分ですが、バリフも同様にバルデナフィル塩酸塩水和物を主成分としています。
ほぼ同じものがなぜ開発されるかといえば、先発医薬品に比べて後発医薬品が非常に安価だからです。
つまり、同じ分量を購入するとしたら、レビトラよりもバリフのほうがずっと安いため、経済的な負担をずいぶん軽くすることができます。
ですが、レビトラの特許はまだ切れていないはずです。
日本国内では後発医薬品が開発されていないのに、なぜレビトラの後発医薬品があるのでしょうか。
それは、バリフがインドで製造・販売されていることと無縁ではありません。
インドの特許に関する考え方が他国と違っていたため、他国ではまだ特許がきれていないレビトラの後発医薬品を開発することができたのです。
どんなに安くて人気でもインドに行って買うわけにはいきませんが、個人輸入代行業者を利用すれば、欲しい後発医薬品を手に入れることができます。